広告について

ご不幸広告(お悔やみ広告)を出すまでの流れ

いざ、ご不幸広告(お悔やみ広告)を出すと決まった場合、その多くは緊急性を伴い、限られた時間の中で何をするかが重要となります。

しかし大抵の場合、営業広告・求人広告に比べ、それら臨時広告の出稿・掲載経験は少ないのが実情。ノウハウがあるかどうか、広告担当者の頭を悩ませる原因となっています。短い時間で「何を」「どうする」か、素早い判断と的確な情報・媒体資料。広告代理店とのやりとり。

そのためには広告出稿から掲載までの流れを大まかに把握しておく必要があります。

ご不幸広告(お悔やみ広告)の申し込みから掲載まで

ご不幸広告(お悔やみ広告)を出したい

まずは、お悔やみの対象、連絡先、広告掲載の理由、希望掲載日、予算等を明確にしておきます。

広告代理店に連絡

新聞に広告を掲載する場合、広告代理店を通す必要があります(地方紙や地域限定版のご不幸広告企画等、代理店を通す必要のない場合もあります)。代理店は、掲載日により新聞紙面の場所取りをします。これにより、広告サイズ・料金等も明確になります。ご不幸広告(お悔やみ広告)の場合、他の営業広告、求人広告と異なり、その特性上迅速に場所取りをする必要があるので、まずは早急に連絡しましょう。

よろしければ、多くのノウハウを持ち、全国の新聞をカバーできる弊社にご連絡下さい。お客様のニーズにお応えし、皆様のお手伝いをいたします。

無料の見積もり
ご相談はこちらから

打ち合わせ

ご掲載になる新聞や掲載内容、掲載希望日、広告スペース、制作料金など、ご出稿のための打ち合わせを行います。

制作・校閲・校正

ご掲載になる内容を思慮し、原稿を制作・校正します。出来上がり次第、お客様にE-メール・FAX等により確認して頂きます。

広告掲載

制作した広告原稿を新聞社へ出稿し、ご指定された新聞および希望日に掲載されます。

無料の見積もり
ご相談はこちらから

お支払いは掲載前にお願い致します。

メールでのお問い合わせの場合、通常3営業日以内にお返事差し上げます。お急ぎの際はお手数ですが、お電話にてお問い合わせください。

掲載料とは別に原稿制作費が横1cmあたり3,000円かかります。
(例:横5cmの場合15,000円、横10cmの場合30,000円が別途かかります。)

お手数ですが、お電話の際に「おくやみナビ.COM」を見た旨をお伝え頂けますよう お願いいたします。

お申し込み

お悔やみ広告の申し込みを
承ります。

全国紙・ブロック紙・地方紙・インターネットへのお悔やみ広告(死亡広告)掲載をご希望の方は、お手数ですが下記より「死亡広告申込書」をダウンロードしていただき、弊社受付窓口までファックスにて送信下さい(受付時間 /土・日・祝日を除く9:00〜18:00)。

また、お見積もり・掲載紙のご相談等は無料となっておりますので、まずはお気軽にお電話下さい。

おすすめコンテンツ