更新履歴 サイトマップ
訃報・お悔やみ広告の総合サイト おくやみナビ.COM/okuyaminavi.com

お悔やみ広告のお問い合わせ・お申し込みはこちらから。見積・原稿制作費無料

お悔やみ広告の出し方から掲載まで、訃報・お悔やみ広告のことなら「おくやみナビ.COM」

TOP
掲載までの流れ
広告の見本・原稿体裁の手引き
料金・新聞を調べる
お悔やみ広告と死亡記事の違い
インターネットのお悔やみ広告
ホーム
お悔やみ広告と死亡記事の違い

お悔やみ広告と死亡記事の違い

新聞に載っている訃報はどれが記事で、どれが広告なのでしょうか? 実際に例を挙げて、両者の違いを検証してみましょう。
新聞に掲載される訃報告知は主に「お悔やみ広告」と「死亡記事」に分けられます。(※「お悔やみ広告」は「ご不幸広告」「死亡広告」「黒枠広告」と呼ぶこともありますが、ここでは「お悔やみ広告」とします。)「お悔やみ広告」は一般的に、社会面の記事下に掲載され、掲載サイズによって掲載料金や原稿制作料が必要となります。それに対し、「死亡記事」は新聞社により記事として掲載される為、掲載料金こそ必要ないのですが、掲載可否は新聞社の判断に委ねられます。
お悔やみ広告(ご不幸広告・死亡広告・黒枠広告)
●広告なので広告料金が必要だが確実に掲載。 ●原稿により広告サイズを選ぶことができる。 ●原稿は広告代理店が制作。
死亡記事
●記事なので広告料金は不要だが掲載は新聞社の判断。 ●サイズに関しても新聞社の判断。 ●記事は新聞社が制作。
死亡告知とお別れの会告知
お悔やみ広告・死亡記事の内容は主に死亡告知・葬儀告知となりますが、「近親者のみの葬儀」の時など、後日「お別れの会」を告知することもあります。下記の例では、まず死亡記事にて「葬儀は近親者で行った」旨を告知し、その後、死亡記事とお悔やみ広告にて、「お別れの会」を執り行うと告知しています。このように、記事と広告の違いを踏まえた上で、複数の告知を段階を追って掲載することは、社葬の際など特に有効です。
死亡記事/死亡告知
お悔やみ広告/お別れの会告知
死亡記事/お別れの会告知
お悔やみ広告の申し込みを承ります。
全国紙・ブロック紙・地方紙・インターネットへのお悔やみ広告(死亡広告)掲載をご希望の方は、お手数ですが下記より「死亡広告申込書」をダウンロードしていただき、弊社受付窓口までファックスにて送信下さい(受付時間/土・日・祝日を除く9:00〜18:00)。また、お見積もり・掲載紙のご相談等は無料となっておりますので、まずはお気軽にお電話下さい。
申し込み用紙ダウンロードはこちらから。 pdf PDF版(759KB)

お悔やみ広告の見本・手引きを調べる
お悔やみ広告の料金・新聞を調べる

お悔やみ広告のお問い合わせ・お申し込みはこちら